日菜設計室〜京都の一級建築士事務所 HOME > お仕事のながれ > 建物ってどのように建つの?

お仕事のながれ

建物ってどのように建つの? 2010.10.01

A.基本計画...お客様との打ち合わせが主体です。

イメージと方向性の確認を行います。

1.ご相談

 お客様の持っておられるイメージや生活スタイルをお教え下さい。
敷地に関すること、でんな生活を送りたいか、今の生活の悩みなどです。
(個人情報は遵守致します。設計士には守秘義務がございますので
ご安心いただければと思います。)

2.計画案の提出

敷地の調査や法令などの確認をした後、お客様の想いを形にしたプラン図やイメージパースなどを提出させていただきます。

(ここまでは無料でお受けさせていただいております。
 日菜設計室のご提案する生活や建物の雰囲気やイメージを感じていただけましたら幸いです。)

B基本設計...お客様の想いを大きく形にしていきます。

3.設計契約

日菜設計室のご提案や、私達自身を気に入っていただけましたら、設計契約を結びます。

4.基本設計

具体的なお打ち合わせを進めながら、基本的な図面を作成していきます。例えば、建物と庭の位置、お部屋の広さ、窓の位置・形状、外観、建物の大きさ、キッチンやお風呂の大きさ、形状、コンセントや照明の位置などです。

C実施設計...基本設計を元に詳細図を作成します。

5.実施設計

デザインと技術の両面にわたり、細部の検討を行います。工事をしていただく建設会社、工務店の方がお客様の想いやイメージを理解し、スムーズに工事ができるよう、詳細図を作成します。同時に官公庁への確認申請書の作成、手続きも行います。

6.工事価格の見積もり依頼

複数の工事業者に見積もりを依頼し、価格や仕事の丁寧さを基準に施工業者及び工事価格を決定します。お知り合いの業者様お願いすることも可能です。予算を超えた場合は、プランの一部や、仕様を変更するなどの減額案をご提案させていただき、最終的に内容も価格もご満足いただけるような調整を行います。

施工監理

7.工事請負契約・着工

施工業者の方と工事請負契約を結んで頂いた後、いよいろ工事着工です。
(お客さまと業者さまとの契約をサポートいたします。)

8.工事の監理、各検査、詳細の決定

施工中の建物が図面通りに施工されているか、お客様のイメージと合っているか、予定の工期通りに進んでいるか、品質は守られているかなどの確認を行います。また、現場で働いておられる方とのコミュニケーションも多くとり、その方々のアイデアも取り入れながら、よりよい建物となりますよう、調整を行っていきます。 (図面と現場の整合性を確認します。)

9.建物完成"

官公庁の検査、日菜設計室の検査、お客様の検査を行い、これらの検査で出ました修正工事が完了した後に、お客様へお引き渡しとなります。

アフターケア

10.1年点検"

1年後、建物の検査を行います。住まわれてみての感想などを教えていただければと思います。その後も、何か不具合やご相談などございましたらご連絡いただければと思います。末永いお付き合いをさせていただければとても光栄です。

※以上はあくまでも一般的な進め方です。お客さまのご希望やご都合に合わせて臨機応変に対応させて頂きます。

コメントする

トラックバック

トラックバックURL: http://hina-a-s.com/mt427/mt-tb.cgi/39