日菜設計室〜京都の一級建築士事務所 HOME > 奥田夏子のブログ > 奥田夏子のブログ

庭のbefore-after  2009.11.10

先日知り合うことができた、植木職人の方に、事務所の庭を剪定していただきました。

事務所は古い町家を借りているので、庭は結構広く、
しかも7〜8年使用されていなかったこともあり、当初は
ホントにジャングル。
こんな感じだったんです。

      分かりますか?
          ↓
  庭−ジャングル


それが、本当にすっきりしました。
たった2日間で、こんなに激変するなんて。

      感謝でいっぱいです。
           ↓
  庭−剪定後


そして数日後、他の高木の影に隠れて太陽の光を浴びていなかった
ツバキが、花を咲かせました。

  暖かい日ざしが、庭を包み込んでくれます。
  建物の中にも軟らかい光が入ってきます。
           ↓
  ツバキの花


その日は、かなり寒い日で、風が強く、雨もふり・・・。
厳しい気候の中で、本当に一生懸命作業をして頂きました。
おかげで、庭の中の空気が変わったと思います。
おだやか・・・。

本当にありがとうございました。


植木職人の彼が言ってました。

〜「家庭」とは、家と庭をあわせたものです〜

ケータイが・・・!!  2009.11.06

昨日トイレに行って、立ち上がった瞬間!!
ケータイが便器に落ちてしまいました・・・。

あ〜ぁぁ・・・。

と思った瞬間、ウチは自動洗浄なので、ケータイごと流れていってしまったのです。

あ〜ぁぁらら!!!

慌てて外に出て、枡の蓋を開けて見てみたのですが、その時にはすでに遅し。

でも、もしかして手前で詰まっているのかもと、
要らなくなった帽子(キャップ)のツバをはさみで切り、
それと棒をヒモで結んで、即席のアミを作って、インバート枡の中に入れて
トイレの水をもう一度流してみたのですが、

やっぱりダメでした。

家族中、総動員で、夜中なのに水を流したり、便器を研究したり。

今日になって、業者の方が、便器のトラップの中から水浸しになったケータイを
取り出してくれました。

ケータイはダメになったけど、あの時、家族が文句一つ言わず
必死になって探してくれたこと。

次の日になって相方に報告した時、すごく心配してくれて
仕事は任せてと言ってくれたこと。

ちょっと、温かい気持ちになりました。

ケータイはトイレに持ち込んではいけないなと
改めて思いました(笑)

出会える人々に感謝  2009.10.24

昨日今日と、素敵な人たちに出会いました。

器を趣味で作っておられる、感性の豊かな、それでいて和やかな雰囲気を持たれる女性。
(私が言うのも失礼なのですが・・・)

その女性を紹介してくださった、仕事においても信頼させて頂いている男性。

横浜から単身、京都での独立を決め、頑張っておられる植木職人の男性。

その方々みなさまが、本当に独特の雰囲気を持っておられ、すごく刺激を受けました。
独立したての私たちにはもったいないくらいの機会です。

出会いに感謝し、これに劣ることなく私たちも頑張っていきます。

一歩一歩。
がんばるぞ!!うぉ〜〜ぉ手書き風シリーズ矢印上

コンペに応募!!  2009.10.08

先週、住宅のコンペに応募しました。
お施主さまが望んでいる形はどういうものか、いろいろ考え、悩み、あーだこーだと。
最終形とするまでに悪戦苦闘しましたが、たくさんのコトを話し合ったし、終わったあとは充実感ありました!
お施主さまが喜んでくださるといいナ顔(きらきら)

プレゼン1-5

初物件のようす  2009.10.02

昨日、初物件が竣工間際ということで、行ってきました。
木造2階建てのリフォームです。

1階部分がひとまず完成したんです。気持ちがほっとしました。
実感がわいて、あとでニヤニヤニヤニヤ猫

またパワー全開でがんばります!!
(ホントにうれしかった・・・)
4.jpg     3.jpg     1.jpg

« prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10