日菜設計室〜京都の一級建築士事務所 HOME > 奥田夏子のブログ > 奥田夏子のブログ

おうどん巡り3  2012.08.26


少し恒例になってきました、高松おうどん巡り
( ↑ 勝手に言ってるだけですが)

今年は、娘を連れて 初めてのお盆休みを迎えることもあって、
少し早めに高松に帰省しましたが、大勢の家族に囲まれて
のんびり過ごす日々。
なので今回は、控えめに1件だけご紹介させて頂きます。

高松市内から 高松空港へ向かう途中の右手。
空港通り(国道193号線)沿いにあるお店で、「むぎ屋」って言います。
お店は、お世辞にもきれいとは言えませんが、
なんとなく懐かしいというか、昔からのおうどん屋さんというか、
私はこういうお店、好きです。
むぎ屋1.jpg

おうどんは ぶっかけを頼みましたが、お出汁がおいしい☆
いりこの香りでしょうか、とても優しい感じのする味だと思います。

小を頼んでも、量は一玉より多め。
それでお値段300円程度なので、お得感もありますよ。
でもお出汁がおいしいので、あっという間に食べきってしまいました。

むぎ屋2.JPG

私は2回行きましたが、2回とも地元の作業員っぽい方がおられて、
逆に観光客のような方はあまりいなかったような。
入店した時間にもよるのでしょうが、地元の人に愛されているお店なんだなぁと思いました。
建物は少し奥にあるので 見つけにくいかもしれませんが、よかったらどうぞ。

浦和の住宅完成!!  2012.06.09

先日(といっても少し前ですが...)

さいたま市浦和区の住宅が完成しました。

 DSC_0045-2.jpg DSC_0046.JPG
 ↑ まだ養生テープとか貼ってありますが・・・。

今は建物本体のみの完成で、お庭や門扉といった外構は引き続き 工事が

進みますが、お引越し お住まいになられるということで、ひとつの区切りを

迎えました。

 DSC_0019.JPG  DSC_0022.JPG

今回、お施主さまの知り合いの工務店で工事を行ってほしいというご要望が

ありましたため、ひとまずその担当の方と連絡を取らせて頂きましたが、

埼玉という遠方に加えて、今回お家を建て替えたいとお話を頂いたのが、

妊娠3ヶ月に入ってから。

出産の時期と確実に重なるため、正直どうしようかと非常に迷いました。

 

結局お施主さまや工務店の方と話し合い、お部屋のプランニングや

全体の外観デザイン、各お部屋のイメージといった基本設計までを

こちらで担当させて頂き、そこから先の実施設計及び現場に関しましては

工務店の方にお任せするといった形でお引き受けさせて頂きました。

(幸い、つわりもほとんどありませんでしたので(笑)

 

今までにないお仕事の受け方にとまどいもあったのですが、

工務店の方が大変親切で、前もって資料の準備をしてくださったり、

打合せ内容の報告を細かくお伝えして頂いたり、特に何度か現場に

伺った時には体を気遣ってくださり、その節は大変お世話になりました。

今月末には外構も含めてすべて完成する予定です。またとても楽しみです。


妊娠に伴う体調の変化に、どこまでお仕事が続けられるか心配だった

昨年夏、ふとその担当の方が

「進められるところまで進めて頂ければ、後はこちらで引き受けますので

 くれぐれもご無理なさらないでくださいね。」

と言って頂いた言葉は、不安を感じていた私にとても勇気をくれました。

設計ってただデザインをするだけじゃないですね。

 

建築業界は男性の働く社会と言われたりしますが、意外に女性に優しいですよ(笑)

環境を理解して頂き、支えてくださる方々に感謝です!!

 

最後に、先ほどの工務店さまご紹介させて頂きます。

埼玉県を中心に、自然素材を多く取り入れて施工されています。

 株式会社榊住建

  http://www.sakaki-j.co.jp/ 

関東方面の方、ご参考までにどうぞ。


 

 

 

出産のとき思うこと2  2012.04.25

出産のとき、もう一つ大切に手に持っていたものがあります。

それは、中学からの親友がプレゼントしてくれたものなのですが、

「キセキ」 という本。

kiseki.jpg

 

出産は痛い苦しいと考えられがちですが、この本はベビィと一緒に出産を楽しむ、

がんばって外へ出てこようとするベビィを応援してあげようという考え方です。

絵本はけっこう薄いので、陣痛の合間でも読み返せます。

私は、いよいよ痛さにしか神経が回らなくなってきたとき、もう一回読み直しました。

もちろん痛みがなくなるわけではないですが、ベビィを励まそうとすることで、

気分が 痛みに耐えるのみ!! という苦しさから、

一緒にがんばろうと あったかい気持ちになって

少しだけゆとりが出てきたのを 覚えています。

 

そして今は・・・。

出産を先に経験した友人が、これいいよって さりげなくプレゼントしてくれた

その心遣いが、心地よく残っています。

 

子供の成長は早いです。

7か月になる娘は、寝返りをごろんごろんとし、うつ伏せのままお昼寝をします。

自分の力で ものを取る  ことができるようになりました。

私も少しずつですが、お仕事を再開しました。

日々変化する 子供の様子を横で楽しみながら、これからもがんばっていこうと思います。

出産のとき思うこと  2012.02.24

出産・・・。

それは、

われわれ大人が子供を産むのでなく、赤ちゃんが外へ出たいと思う時だと思います。

今までずっとずっとお腹の中にいた赤ちゃんが、ある日、そろそろ外へ出たいかな・・・って思った時。

 

いったい人生で、何度経験できるでしょうか。

不安もいっぱいです。

でも会いたい気持ちもいっぱいです。

陣痛の痛いと会いたいと痛いと会いたいと・・・。

 

長時間の痛みに、だんだんよく分からなくなってきて、もうあか~ん!!

ってなりましたが、その時に、会いたいの気持ちを思い出してくれたのが

キューピーさんでした♪

 

キューピー.JPGのサムネール画像

 

手のひらサイズのキューピーさんだったのですが、それをずーっと握りしめて

そのまま分娩台まで持って行きました。

私の場合、いつまで続くかわからない痛みで気持ちがめげそうになった時、

キューピーさんはいつもこのぱちくり目でこっちを見てくれるので

もうすぐこの子に会えるこの子に会えると、励みになったのを覚えています。

何度も見て何度も握りしめたので、本当に産まれたときのキューピーさんは

汗でびっしょり、でもやっぱりこっちを見てくれるので、すごく和みました(笑)

 

今も子供は横で寝ています。

もう5か月になりました。

起きてるときは、ずっと手足をばたばた、休むことなく動かし続けています。

うつ伏せにすると、キューピーさんみたいに首をくっと持ち上げて笑います。

100円で購入したキューピーさんは、私たち家族のとっても大切な宝物になりました。

 

 

 

 

新年のご挨拶  2012.01.05

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年もいろいろなことがあり、お仕事を含めまして多くのことを経験しました。

妊娠、出産、子供を育てるということ、子供と学ぶということ。

今まで子供の経験しかなかった自分が、親になるということ。

妊娠中の体調の変化に柔軟に対応してくださった、お施主さまを初めとする関係者の皆様。

出産後、私の代わりに駆け回ってくれたスタッフ。

 

今年も、この状況を理解して頂ける関係者の皆様、周りで支えてくださる方々、

そして家族に感謝しながら、一歩一歩進んでいけたらと思っております。

皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

« prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9